宴の後

今年の夏は例年にない暑さが続き、猛暑の夏です。

お盆休みを利用して、息子家族と娘夫婦が我が家を訪れ、11日から15日は賑やかになりました。

大人2~3人の静かな食卓が一気に華やかなテーブルに変身

毎日、三度の食事の用意に奮闘です。

さらに、三家族分の洗濯物の始末を入れると、もはや休む暇はありません。

さらにさらに、孫の遊び相手もしなければなりません。

三日目の夕食の準備をしている時、ほとんど立ちっぱなしでの作業が影響してか、右足の裏側に痛みを感じました。お尻の右中央から足首まで何となく痛いのです。

そろそろ、年のようです。

歩きに影響はなく、何とか無事に過ごしたものの、それから一週間ほど違和感がありました。

今はどうやら回復しているようです。

孫は一歳10か月になり、ほんの数語ですが、言葉を発するようになりました。

画像



「とって」「ついた」「だっこ」「おちた」など・・・

自分にとって必要な単語が先に口から出るようです。

活動も活発になり、階段もあっという間に上ります。

あぶなくて、誰かがついていないと危険なほどです。

お風呂はパパと機嫌よく入ります

でも、歯磨きは苦手らしく、さり気に逃げ回ります

パパに捕まって、少し強引に歯磨きします

そのあとしばらく遊んで、お休みですが、なぜか寝る時、毎晩必ず泣きます。

遊んでいたいのと、眠いのが混じって、泣くんだ・・・というのですが、なぜかわかりません。

かつて、自分の子供を育てたとき、そんな記憶がないのです。

孫の寝かしつけはパパ、そして今回も孫は私たちの部屋でお休みです

いつもはダラっと寝ている私ですが、孫が隣にいると、何となく緊張感があります(;´∀`)

もはや、一か所で落ち着いて寝てはいません、そこいらじゅうを転げまわって寝ています

気が付くと、タオルケットを掛け直したりして、おばばは気を使います

そんなこんなの休む暇もないお盆のひと時でしたが、楽しかった時は過ぎ、また年寄り世帯の静かな日常になりました。

大人数の食事の用意の大変さは、今後検討の余地がありそうです。

忙しくて、イライラするのなら、別の方法も考えるべきでしょう。

それでも、孫の成長の早さに驚き、また10月に生まれ来る第二子の誕生の楽しみもあり、苦楽はいつも一緒にやってくるようです。

第二子はどうやら女の子のようですが、生まれてからの楽しみにしておきましょう。

産後はしばらくの間、ママの実家にお世話になるようなので、次回の帰省は来年の連休以降になりそうです。

迎える側もしっかり体力を保持して、きちんと対応できるようにしたいものです。

お風呂遊びグッズ、マンチキンの仲間たち

画像




"宴の後" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント