初めてのイタリア~ローマの休日編~

 初めてのイタリア旅行は、若干の緊張で始まります^^

 十分に旅行先の下調べをして、持ち物もしっかりチェックしたものの、エコノミークラスで12時間のフライトは不安です。

 機内の乾燥対策、首枕?の準備、機内スリッパetc・・・。

 さらには、パリ、シャルル・ド・ゴール空港での、トランジットは??

 もう、キリがありません^^;

 でも、案ずるより産むが易しです。

 何はともあれ、私達一行は無事、ローマ、フィウミチーノ空港に辿り着いたのでした。


 初めに、テルミニ駅で「ローマパス」を購入。

 これは、二ヶ所の博物館、美術館の入場が無料、地下鉄三日間無料で乗車できるなど、旅行者には便利なパスです。

 今日の予定は
         テルミニ駅
          ↓
         スペイン広場
          ↓
         トレビの泉
          ↓
         パンテオン
          ↓
         ナボーナ広場
          ↓
         サンタンジェロ城

 旅行者にとって、歩いて周れるゴールデンルートとの事。

 地下鉄はA線、B線、二本しかありませんので、それほど難しいルートではありません。

 SPAGNA駅
 
画像


 駅を出ると、広場には、さっそく馬車がお出迎えです。
画像


 すぐ左手に、スペイン広場と階段
画像

 オードリ・ヘップバーンがジェラートを食べながら、街を見ていた所です。
 現在、この場所でのジェラートなどの飲食は禁止されています。

 広場から、南東の方角に歩いていくと「サンタンドレア・デッレ・フラッテ教会」があります。
 ここには、ベルニーニによる彫刻像、二体の天使像があります。
 サンタンジェロ橋の欄干から移された物です。
画像


 「とげの花冠を持つ天使」
画像

 「カルティーリョをもつ天使」
画像

 しばし、感動です(^_^)v

ベルニーニ(1598~1680)は、ミケランジェロに強く影響を受けたと言われるが、ミケランジェロには無い、肉体と精神、運動性と感情の一致が表現されている・・・資料より

 ミケランジェロが静的な彫刻なのに対して、動きや感情を彫刻で上手に表現していて、動き出しそうな感じさえ見られます。

 さらに歩き進むと、トレヴィの泉に
画像

 例に倣い、願いを込めて、1枚コインを投げ入れます(*^ー ^*)
  1枚は、もう一度ローマに訪れることが出来る
  2枚は、好きな人とずっと一緒に居られる
           ・・・などと、言われていますね^^
 いつも、大勢の観光客で賑わっているようです。
 これも、途中まではベルニーニが手がけたようですが、完成させたのは、18世紀に設計コンテストで優勝したニコラ・サルヴィ。

 程なく歩くと、パンテオンに着きます。
 が、元旦はお休みで、中には入れませんでした。
 後日、もう一回、来る事にして、ナボーナ広場に
 古代の円形競技場を利用した楕円形の広場です。
 ナボーナ広場はお祭りでした。
 広場いっぱいに出店があり、目当ての噴水の周りにも大勢の観客がいました。
画像

 ベルニーニによる「四大河の噴水」ナイル・ガンジス・ドナウ・ラプラタの寓意像を配置しているそうです。
画像

 「ムーア人の噴水」これも、ベルニーニによるもの
画像

 
 さらに路地を歩くと、テヴェレ川に出ます。
 そこにに立派な最高裁判所が・・・
画像

 
 テヴェレ川沿いに歩いて行くとサンタンジェロ城が見えます。
画像

 映画「天使と悪魔」では、四人の枢機卿がここに捕らわれていました。
 「ローマの休日」では、ここの桟橋でダンスパーティーが行われていましたね。

 サンタンジェロ橋の欄干には、10体の天使像があります。
 
画像

 10体の天使はベルニーニのデザインをもとに、8体は弟子に彫らせ、「とげの花冠をもつ天使」と「カルティーリョを持つ天使」の2体はベルニーニ自身が作成。
 この2体については、時の法王があまりのすばらしさに感動し、雨風に晒すのは忍びないとして教会の中に移してしまいます。
 それが、来る途中に「サンタンドレア・デッレ・フラッテ教会」で見てきた2体の天使像です。
 ここにある2体はレプリカです。

 今日の観光予定は大方終了。
 これから、サンタンジェロ橋からそう遠くない所にあるジェラートのお店に行きます(^_^)v
 ジェラテリア・デル・テアトロ
 フルーツがしっかり入った美味しいジェラートのお店
画像

 それぞれ、違うジェラートを注文し、味わいました。フルーツの味が十分に味わえる美味しいジェラートでした(^_^)v
            ・・・・・To be continued    

   

"初めてのイタリア~ローマの休日編~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント