暫しの安息


先月の中旬、凡夫は東京に一泊で出張

朝、駅まで私も一緒に荷物を持って同行します。

凡夫は膝の具合が悪く、歩くのが大変なのです

エレベーターを利用して、新幹線のホームまで送ります。

東京駅には、娘がホームまで迎えに来てくれる予定なので、何とか会場のホテルまでは安心

娘から、時間に余裕があったので、ゆっくりお昼を食べ、コーヒーを飲んだ後、ホテルの受付を済ませたという連絡。

後は大丈夫でしょう

翌日の夕方、もうそろそろ帰る時間かな、と思い待っていますが、なかなか帰って来ません。

新幹線が遅れたのかしら?と思っていると、1時間ほどして、電話が入りました。

凡夫の声で「ちょっと来てくれないか」・・・とのこと

すぐタクシーで駅に向かいます。

通路に凡夫の姿がありました。

帰りは荷物を、ホテルのフロントで宅配便で送るように言っておいたのですが、 足元にカバンが・・・

荷物は同じ会議に出席した人が持ってくれたとのこと

何とか新幹線に乗り、駅までは来たものの、ついに歩けなくなったようです

肩を貸しても足が動かなく、駅員さんに車いすをお借りして、タクシー乗り場まで行き、帰路に付きました。

駅員さんは車いすを押してくれて、親切な対応でした。ほんとに嬉しく思いました

あれから、凡夫は杖を使うようになりました。

今まで凡夫が一人でしていた事が出来なくなり、私の仕事になりました

重い荷物は持てないのです

膝の変形はどうやら手術の必要がありそうなのですが、94歳の同居の義母の介護と、仕事があり、今すぐには難しい状況

でも、一時期のひどい状況は落ち着き、杖に頼りながら、歩いて買い物などもできるようになりました。

そして、昨日、今度は盛岡に一泊で出張

今度は荷物はリュックに入れ、杖を持って出かけました。

夕方、無事に帰ってくれることを願います。

人生の夕暮れ、ゆっくり足を延ばして、沈みゆく夕日を楽しむにはまだまだ時間がかかりそうです。

これからしばらくは、子供たちのサポートを、と思っていましたが、どうやらそれ以上の仕事がありそうです。

生活の変化に対応できる、体力を維持したいものです。




この記事へのコメント