バルセロナ街歩き、ピカソ美術館&クアトロ・ガッツ

 スペイン旅行最終日の朝、ランブラス通りを歩いて、ピカソ美術館を目指します。

 ランブラス通りを南下していくと、ジョセップ市場があります。

 朝早いため、皆さん店頭の品揃えに忙しそうです。
画像

 市民の台所でしょうか、たくさんの食材が並んでいます。
画像

 私たちは食後なので、生ジュースを買って飲みました(^^)v
 とても美味しかったです。

画像


画像


 間もなく、リセウ劇場
画像

 レイアール広場・・・中央の街灯はガウディの作品
画像

 ゴシック地区の狭い路地を歩き、ピカソ美術館を目指します
画像

 チケットを予約済みの私たちはすぐ入れました。
画像

 ピカソは1881年、スペイン、マラガに生まれ、14歳でバルセロナに移住、18歳までの期間、バルセロナで作品を書いています。
 その後、パリに行っているようです。
 美術館内には、小さい時からの作品が年代順に展示され、作風が変わっていくのが解ります。
 館内は撮影禁止でしたので、資料から
画像

 窓辺の小鳥たちを描いた作品が気に入りました^^
 出口を出てすぐ、ショップがあり、絵葉書やいろんなグッズが販売されていました。

 バルセロナ大聖堂
画像

 少しでも天に近づこうと、より高くと天を目指して作られた、ゴシック建築のカテドラルです。

 王の広場がありました。
画像

 14~15世紀、アラゴン連合王国時代に王宮の中心だった所です。いろいろな重要な行事が行われていたそうです。1493年、新大陸を発見したコロンブスがイザベル女王に謁見したとされる場所です。

 その後、ピカソがバルセロナに居る時によく通ったと言われるお店「クワトロガッツ」に。
 細い路地を入ってすぐにありました。
画像

画像

 クリスマスの飾りつけがしてあります。
 入口にピカソの絵がありました。
画像

 店内は当時のまま再現されています。(過去に一度閉店、その後再開されています)
画像


 
画像

 壁に大きな絵が
画像

 ここでお茶「white pear tea」をいただきました(^^)v
画像

 ティーカップにも「4GATS」のサインが入っています。
 個性的なデザインのカップでした。

 これで、今回の旅行のイベントは終了。
 これから、ホテルに戻り、チェックアウトして、空港に向かいます。
 途中で見つけたジェラート、最後のスペインの味覚です。
画像

 言葉の違う国での買い物は、日本に居れば何でもない、アイス1個買う事までが、緊張です。
 そんな旅行も無事に終え、私たちは、空路、パリ経由で成田に向かいました。
画像

 時間があれば、もっともっと、いろんな所も見たかったのですが、限られた時間内、十分に楽しめたと思っています。
 長い、旅行の記録を読んでいただいた皆様に感謝いたします。

この記事へのコメント

2015年03月25日 22:54
素敵な旅をなさいましたね!
息子さんもいつも御一緒に、楽しかったですね。
お茶の入れ物…鉄瓶?
外国でも使うのですね!
お越し下さって有り難うございました。
マーメイド
2015年03月26日 09:58
ハッピーさん、おはようございます♪
年に一度の子供たちとの旅行はほんとに楽しみです。
お茶の入れ物の鉄瓶に、私もびっくりしました。
中にお湯が入っていて、自分でティーバックを入れて、お茶を飲むようでした。
南部鉄器のように見えて、意外でした。
いろんな体験が出来て、楽しい旅行でした(^^)v
2015年04月09日 22:40
こんばんは♪
スペインの旅、私も一緒に楽しませていただきました。
充実していた良い旅でしたね。
先日テレビでサグラダファミリアをやっていたんです。マーメイドさんちで見せていただいた所だ!ってね。恐怖の螺旋階段、ほんと怖そうでした(^^ゞ
マーメイド
2015年04月11日 16:28
せんこさん、こんにちは♪
読んでいただき、ありがとうございます。
先日のテレビ、私も見ました(^^)v
とってもきれいでしたね。私はカメラにその様子を撮るのが難しく、感動をカメラで撮る大変さを感じました。
巻貝の螺旋階段、皆さんも恐怖ですよね(;´∀`)