スペインの旅~タラゴナ~

 元旦は、バルセロナの観光地があちこちお休みになります。

 私たちは、電車で1時間くらいの「タラゴナ」に行くことにしました。

 旧ローマ帝国時代のスペイン最大の都市で、ローマ時代の遺跡が残っています。

 左手に地中海を眺めながら、約1時間。
画像


 タラゴナに到着
画像


 駅を出て、右手の坂を登っていくと、地中海がきれいに見えます。
画像

 地中海のバルコニーと呼ばれる見晴らしの良い展望台があります。
画像


 さらに奥に歩いてすぐ、ローマ時代の円形闘技場跡が見えます。
 コロッセオとよく似た造りで、約1万人を収容した闘技場です。
画像


画像

画像

 場内にある、十字架に見える建物跡は、教会の跡です。
 ローマ時代、キリスト教迫害で、司教たちが殺された場所に、あとで、教会が建てられたそうです。
 当時の予想図がありました。
画像

だいぶ、風化が進んでいます。
画像


近くに日時計が
画像

 時間はほぼ合っていました。

 シルクローマの跡
 ほとんど形は残っていませんが、かつて馬車競技などを行った競技場跡で、ほんの片隅だけ残っているそうです。
画像


画像


 中に入ると、馬が通ったという地下道なども見れるようですが、お休みで、入場は出来ませんでした。
画像

 入口にカピトリーニの雌狼の像があります。
画像

 ローマを建国したというロムルスと、双子の弟レムス。
 山奥で雌狼に育てられたという伝説があるそうです。
 ローマ支配時代の名残でしょうか。

 この後、私たちは旧市街地を通り、カテドラルへ向かいます。
画像


画像

 さすがに、元旦の朝、人通りは少なく、静かです。
 ほどなく、カテドラルへ
画像

 1171年から約160年かけて建造されたため、ゴシック様式とロマネスク様式の2つの建築様式が混在しているそううです。
画像

 正面だけでは解りませんが、外側に回ると、ゴシック様式で建築された事が伺えます。
 礼拝中か、中には入れませんでしたが、きれいなファサードでした。

 歩いていると、時々道路わきにオレンジの木が植えられて、オレンジが実っているのが見られました。
 バレンシアオレンジでしょうか?
画像

 街路樹にオレンジは、私達にはちょっと珍しい景色です。 

 昼食は市庁舎ちかくの「クワトロス」というお店に
画像

 お店の方が親切に注文のアドバイスをしてくれました。
メニューがスペイン語で、英語の注釈が分かり難いと、料理の想像が出来ないのです。
 バルセロナでは通じた英語も、タラゴナではほとんど通じませんでした。
 パンの上にイベリコ豚の生ハムが乗っていたり、野菜とアンチョビの具がたっぷり乗って、美味しい料理でした。
 その後、デザートを楽しんだ後は、街中を歩いて駅に戻り、バルセロナへ戻ります。
画像

画像

 

 

この記事へのコメント

2015年02月14日 15:42
こんにちは♪
バルセロナの行列のできるレストランに主人と2人で入ったのですが、スペイン語が解らず、英語が通じず、適当に注文して、失敗した事を思い出しました。
これも又良い思い出ですが。
マーメイド
2015年02月15日 10:25
まきちゃんさん、おはようございます♪
今回の旅行で一番困ったのが、メニューが分かり難いことでした。私たちも、着いた日の夜のメニューは感に頼り、少し残念な思いをしました(*´▽`*)
写真付きのメニューがあればなぁ~と思いました。
でも、こういう事も、いい思い出になりますね(^^♪


2015年05月10日 00:17
こんばんは。
タラゴナ、僕も最初(2011年)に行ったときには、月曜日で遺跡は休みでした。
遺跡に休みがあるなんて・・・と憤慨したのを覚えています。
なので、今年リベンジでもう1回行ってきました。
円形競技場、プレトリ、考古学の散歩道などを見ました。
ローマの植民都市がどんな構成になっているのかが見られて、面白かったです。
マーメイド
2015年05月10日 13:44
家二スタさん、こんにちは♪
スペインは今回が初めての訪問でした。
お休みの都合で年末年始の旅行のため、元旦がお休みの観光地は残念ながら見れませんでした。
タラゴナの旧市街地はゆっくり散策でき、古代からの雰囲気を感じてきました。
時間があれば、もっといろんな見どころがありますね。
またの機会があることを願っているところです。